*。・珈琲のお話・。*

こんばんは!!

先週末から月曜日にかけてすごく暖かく26℃くらいまで上がった沖縄。
今日は一気に5℃も下がって北風が冷たくなってきました。
やっとクリスマスらしく?なってきましたね(*´▽`*)
皆さまどうお過ごしでしたか?

さて、寒くなってきたと言えば
暖かいコーヒーが美味しい季節になってきましたね!!

Hanonのホット系のコーヒーは
イタリアから取り寄せている
カフェカリアーリ社のスペシャリティコーヒーですが、、、

実は!

この会社ものすごい会社なんです!
イタリアの北にあるエミリア・ロマーニャ州の中心地にあるモデナという町に1909年から創業している歴史の深ーい、コーヒー豆の焙煎の会社です。

主に南米のブラジル、コスタリカ、グアテマラからのアラビカ種、ロブスタ種の生豆を取り寄せいて、100年以上の伝統ある門外不出のレシピと手間とコストを惜しまない「分離焙煎」という生豆一つ一つにあった特別な焙煎方法をしているそうです。

こだわり抜いた生豆の選別と焙煎方法で、香り高く繊細で甘みと爽やかな酸味が最大の特徴のカリアーリ社のコーヒーはイタリア国内外のコーヒー博覧会の金賞を受賞し、モデナ地区のカフェ店では90%使用されるというシェア率を誇るそうです。
また、カリアーリ社のコーヒーは、エリザベス女王や世界の3大テノール歌手のルチアーノ・パヴァロッティなどの沢山のセレブリティな人たちを虜にし、コーヒー嫌いをも魅了することから「魔法のエスプレッソ」と賞賛されているそうです。

そんなコーヒー豆ですが、
日本に輸入が開始されたのが2010年。
それまでは、頑固なまでに大量生産主義を否定してきた為イタリア国外から出ることなかったのですが、日本のカフェ・カリアーリオフィシャルインポーターの権利を取得した大野正之氏のお陰でついに日本でもカリアーリのコーヒーが飲めるようになったのです!

なので、今現在カリアーリ社のコーヒー豆を取り扱っている店舗は日本に数店舗しかありません。
このコーヒー豆を使用したエスプレッソ系のコーヒーはミルクとの相性が抜群!!!
スチーミングしたミルクは甘みがあり温めるとちょっと口の中で余韻が残りやすいのですが、カリアーリ社のコーヒーの味がミルクの味に負けずに調和して芯のある深いコクとミルクの甘みがさらにまろやかに引き立ちます。

エスプレッソコーヒーの本場イタリアから届いた歴史も味も深いカフェ カリアーリ社のコーヒーをお試しに一度Hanonにいらしてみませんか??

もちろん、美味しいパンケーキもご一緒に( *´艸`)
明日 水曜日は朝11時から営業しております!皆様のお越しをお待ちしておりまーす!!

(Visited 56 times, 1 visits today)
Categorized: New